McAfee Network Security Platform

McAfee Network Security Platform

日本のIDS/IPS市場において市場占有率トップである
McAfee社の提供する次世代IPS

標的型攻撃に対抗できる包括的な入口対策と出口対策

入口対策

Security Platformは従来の高品質なシグネチャによる検知や、アノーマリ検知技術やビヘイビア/ヒューリスティック技術により、Webアプリケーション攻撃からの保護に加え、マルウェアやDoS/DDoS攻撃による外部からの攻撃を防ぎます。 更にはMcAfee社が最新の脅威情報を世界中から取得するGlobal Threat Intelligence(GTI)と連携し、リアルタイムにIPやファイルのレピュテーションを行うことにより、最新の脅威にも対応いたします。

出口対策

近年、標的型攻撃の手口が巧妙化しており、攻撃者は事前に綿密な調査を実施しています。
このような状況では、入口対策やエンドポイント対策はもちろん重要ですが、攻撃を許してしまった場合の出口対策が重要になります。
Security Platformでは、未知のマルウェアに感染した端末が内部から外部への不正な通信も検知しますので、出口対策としても非常に有効です。

スケーラブルなネットワーク設計

Security Platformはセンサアプライアンスとして最大100Mbpsの「M-1250」から、最大10 Gbps の速度で動作する「M-8000 」までラインナップがされており、ネットワーク環境に合わせて最適なモデルを選択することができます。

McAfee ePO™との統合

McAfee ePolicy Orchestrator®(ePO™)での集中管理により、 Security Platformの管理はもとより、エンドポイントやゲートウェイでのシステムホスト詳細、ホストIPS、マルウェア、およびスパイウェア等の各イベントをリアルタイムで把握できるようになります。
統合管理を行うことにより、セキュリティに関する決定をリアルタイムに実行し、リスクに晒される時間を短縮します。
更に、サンドボックス製品であるMcAfee Advanced Threat Defense(ATD)との連携も可能です。

当社は創業よりこれまで顧客システムの基盤設計・構築・開発・運用までのITサービス全般をお客様へご提供して参りました。そのナレッジを生かし、1997年より情報システムセキュリティビジネスに携わり、延べ数千社へのサービス提供の実績がございます。当社はこれからも、エンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティを中心として、お客様に最適なITサービスソリューションをご提供いたします。

45年で築き上げたノウハウでお客様の要望を具体化しております。
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合せ

WEBでのお問い合せ

採用情報 インフォメーションディベロプメントなら、あなたのキャリアイメージを実化できるチャンスがあります!
ページトップへ

Copyright © INFORMATION DEVELOPMENT CO., LTD. All rights reserved.