IPS/UTM/次世代ファイアウォール

IPS/UTM/次世代ファイアウォール

複雑化する攻撃には「複合的な」対策を。
IDは、あなたの企業に最適なセキュリティ製品をご提案します。

現在、IPS、UTMや次世代ファイアウォールと呼ばれる様々な製品が各メーカーから提供されています。IDでは企業の業種・規模・人員・予算・運用方法など様々な側面に配慮した、最適な製品をご提供いたします。

IPS(Intrusion Prevention System)

OSの不備をつき管理者権限で悪意のあるプログラムを仕込んだり、パスワードを総当りで攻撃するといった不正なアクセスからシステムを保護します。特徴的なのが、ゼロデイ*攻撃の防御。脆弱性を突く攻撃のパターンを解析し不正な通信をブロックする、優れた機能を持っています。修正パッチが提供されるまでの間システムを防御したい、また、検証に時間がかかり緊急でパッチを適用する事が難しい場合など、重要なデータを保持したサーバ群の前にIPSを置くことで、データ漏えいを防ぐことが可能です。

  • ゼロデイ攻撃…ソフトウェアの脆弱性(セキュリティホール)が発見されてから、それを防ぐパッチが出るまでの期間に行われる攻撃のこと。一般的に、攻撃のピークは脆弱性が発表されてから一日程度であるため、早急な対策が必要となる。

UTM(Unified Threat Management)

ファイアウォールをベースに、アンチウィルスやWEBフィルタリングなど複数のセキュリティ機能を兼ね備え、統合的に管理できる製品のこと。 ひとつの製品で複数のセキュリティ対策を行うことが可能となるため、「管理を簡略化したい」「費用を抑えて幅広い対策を行いたい」という中小企業にメリットがあります。

次世代ファイアウォール

通信ポートの開閉のみで制御していた今までのファイアウォールに対し、次世代ファイアウォールではアプリケーションごとに制御することが可能。例えば、会社で指定したブラウザ以外の利用やP2P等社内で禁止したいアプリケーションを制限するなど、クライアントアプリケーションを識別してブロックすることができます。ひとつのハードウェアに多数の機能を載せたUTMと比べ、高い処理能力を持つのが特徴です。多くのトラフィックが発生し、より高度な制御が必要となる大企業などへの導入に適しています。

提供サービス・製品

■McAfee Network Security Platform

日本のIDS/IPS市場において市場占有率トップであるMcAfee社の提供する次世代IPS

■McAfee Next Generation Firewall

ファイアウォールに不正侵入防止、アプリケーション制御、VPN等の機能を統合し、強固なネットワーク防御を提供

当社は創業よりこれまで顧客システムの基盤設計・構築・開発・運用までのITサービス全般をお客様へご提供して参りました。そのナレッジを生かし、1997年より情報システムセキュリティビジネスに携わり、延べ数千社へのサービス提供の実績がございます。当社はこれからも、エンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティを中心として、お客様に最適なITサービスソリューションをご提供いたします。

45年で築き上げたノウハウでお客様の要望を具体化しております。
お気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合せ

WEBでのお問い合せ

採用情報 インフォメーションディベロプメントなら、あなたのキャリアイメージを実化できるチャンスがあります!
ページトップへ

Copyright © INFORMATION DEVELOPMENT CO., LTD. All rights reserved.